So-net無料ブログ作成
検索選択

Castle Valse Classique [songs & works]

タイトルの『Castle』から、「優雅にお城で演奏するワルツ?」と思っていたら、勘違いでした(笑)。

CatsleWaltzClassique.jpg

この曲は、1894年にドヴォルザークが作曲した『ユーモレスク』が、Ford T.Dabneyにより3拍子に編曲された曲で、1914年にはピアノピースとして出版されています。

シートミュージックの拍子の右下に『Introduced by Mr. and Mrs. Vernon Castle』と書かれています。このキャッスル(Castle)夫妻は、1910〜20年代にアメリカで大活躍していた社交ダンス界の大御所で、この夫妻が、現在競技ダンス(社交ダンス)で踊られている様々なダンスを発明というか、生み出していったそうです。ダンスと同じくして、夫妻のためのダンス曲も沢山作曲され、この曲は、その内の一つです。

1917年ニューヨークにあった『Rector’s Restaurant』にキャッスル夫妻が来て踊った時、そのレストラン専属の『Earl Fuller’s Rector Novelty Orchestra』が演奏しており、その楽団でG.H.グリーンは木琴を弾いていました。

キャッスル夫妻の伴奏を演奏する時、グリーンは卓越したテクニックで、16分音符のアルペジオを副旋律として弾いていました。1917年〜1920年の間に、この曲のグリーン演奏によるレコーディングが少なくても8回行われて、それぞれ違う演奏(=副旋律のメロディライン)でグリーンの録音が残っています。共通するのは、16分音符の流れるようなアルペジオで、ラグタイム奏法で言う『ダブルバック』のスタイルを聞くことが出来ます。

その内の一つ、1918年・Emerson(#3290-1)の録音で演奏したものを、木琴研究会・木村百合香さんが聞き取り音符に書き起こしたものが出版されています。


楽譜『Castle Valse Classique』は、以下のリンク先で購入できます。

*ブルーマレット→ こちら
*malltech(米国)→ こちら

音源は、この↓アルバムに『Valse Classique』のタイトルで収録されています。

Masters of the Xylophone

Masters of the Xylophone

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2008/10/13
  • メディア: CD



↓こちらもお薦め!6枚組のセット。

Green Brothers Masters of the Xylophone

Green Brothers Masters of the Xylophone

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD



↑DISC3の3曲目に『Masters of the Xylophone』とは違うバージョン(1917年7月録音、レーベルは?)が収録されています。Earl Fuller's orchestraの伴奏です。

(2017/02/22加筆修正)

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る