So-net無料ブログ作成

名称について悩む・・・

XylophoneとMarimba、今更ながら、その名称を、なんと言えば良いのか、悩んでいます。

Xylophoneは、ウィキペディア・シロフォンにも書かれていますが、
英後だと「ザイロフォン」
ドイツ語だと「クシロフォン・キシロフォン」
イタリア語だと「シロフォノ」と読みます。

一方、Marimbaは、ほぼ、どこの言葉でも「マリンバ」と読みます。

良く聞く、日本語で言う所の「木琴(もっきん)」は、この両方を含むそうで・・・。
参照; 
日本木琴協会サイト マリンバ・木琴とは
SEGAWAさんのマリンバ日誌 「木琴」と「マリンバ」


先日発行された、京都の通崎睦美さん著「木琴デイズ」では、完全にxylophoneのことを木琴、としていますが、

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 単行本



例えば、日本先駆者のM先生は、xylophoneを木琴というのを、嫌うそうで・・・。
上記の日本木琴協会は、marimbaもxylophoneも、両方、木琴、としています。
先駆者の先生方が、そうしたのだから・・・・・悩みます。

xylophoneの呼び方として、なじみがある言葉としては、ドイツ語読みの「シロフォン」かな、と思うのですが、現代使われている形のxylophoneは、アメリカでこの形状になったので、だとすると「ザイロフォン」と英語読みするのが正しいのではないか、とも思います。が、この呼び方は、学校の教科書にも殆ど載っていないのではないかと思います。

ザイロフォン、シロフォン、木琴・・・、
みなさんは、どう読むのが適当だ、と思いますか?
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。