So-net無料ブログ作成
検索選択

12th Ragtime Xylophone Institute [WS & Seminar]

ボブ・ベッカー先生の第12回ラグタイム木琴講座のご案内。

日時:2012年7月30日(月)〜8月4日(土) 毎日10:00〜18:00
場所:アメリカ・デラウェア大学
定員:10名
講師ボブ・ベッカー
参加費:US$600-(期間中ランチ代含む)
宿泊:大学校内の寮を予約できます
   (1泊・シングル$39、ルームメイトと二人でシェアの場合は$29)
締切:2012年5月11日頃

内容:
当たり前ですが、講習中は全て英語で進みますが、とにかく素晴らしいセミナーです。
(大きく変更が無い限り、下記の様なスケジュール)

10:00〜12:00 ベッカー先生による全体講義。
アコースティック録音と木琴の歴史、グリーン、ハリー・ブリュワー、サミー・ハーマンなど過去の木琴奏者のこと、等を中心に音を聴いたり、膨大な資料を見ながら、ベッカー先生が木琴の事を話します。
その後、マリンバとは少し違う、木琴の演奏技術を、基礎的なところから習います。
一人1台、木琴かマリンバが使えます。

12:00〜13:00 ランチタイム
大学のカフェテリアに毎日、サンドイッチとかチキンとか、日替わりでランチが用意されます。
受講生と先生とみんなで一緒に食べるので、木琴のこと、音楽のこと、雑談交えて情報交換したり、楽しい時間です。

13:00〜14:00 プライベートレッスン
ベッカー先生のプライベートレッスンの時間。期間中1人大体30分、マンツーマンでレッスンを受けます。

14:00〜15:30(16:00) 午後の技術的レッスン
受講生皆で午前中の続きになる、ラグタイム木琴演奏の技術を学びます。

16:00〜18:00 アンサンブル練習
セミナー最終日は、大学のコンサートホールで受講生と先生方によるコンサートがあるので、その為のアンサンブル練習をします。もう10年以上になるので、この年1回のラグタイムコンサートを楽しみにしている地元のお客様も多いようで、第9回目から有料でしたが、かなりのお客様が聴きに来ます。

以上が、おおよそのスケジュールですが、全体講義以外の時間や終了後も、早朝から深夜まで個人練習室と楽器が使えるので、かなり集中して恵まれた環境の中で練習が出来ます。

あと、ほぼ同じ期間中、同じデラウェア大学で、ジャズビブラフォン演奏セミナーもあります。なので、そっちの参加者や講師の方が木琴講座へ来てレクチャーしてくれることもあるようで、即興を学びたい人には、すごく良い機会だと思います。

詳細はこちらへ→ Summer Workshop



コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。