So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョージ・ハミルトン・グリーン 音楽生活 概要年表 [George Hamilton Green]

(copyright (c) Ryan Lewis)
ライアン・ルイス氏の論文から、訳してあります。
(拙い訳ですみません)


1893年5月23日
*ネブラスカ州オマハに生まれる

1897年5月(4歳)
ピアノを習い始め、『神童』と呼ばれる

1901年(8歳)
*木琴との最初の出会い 

1903年(10歳)
*アーネスト・ノルディンにバイオリンを習う

1905-1911年 (12歳〜18歳)
*オマハにあるレイク学校又はオマハ高校へ通う(推測)

1905年9月(12歳)
*オマハにあるクレイトン高校(現クレイトン・準備校)へ通う

1906年8月26日(13歳)
*初めて公共の場・オマハのハンスコム公園で、父親のバンドをバックに、
曲目「ピーター・パイパー」を木琴でソロ演奏する。

1906年11月21〜22日
*オマハのリリック劇場で初めてのボードビル演奏。
『木琴の巨匠ジョージ・ハミルトン・グリーン木琴独奏旋風』のタイトルで登場する。

1906〜1912年(13〜19歳)
*オマハのサイモンド・ランズバーグ教授にピアノと作曲を学ぶ。

1906年12月まで
*アイオワ、ネブラスカ、イリノイ各州のボードビル劇場で演奏する。

1910年(17歳)
*17歳でドラム演奏を学び、父親のバンドで、木琴、ベル、ドラムを演奏する。

1912年9月(19歳)
*オマハのエンプレス劇場で定期的に演奏する。

1914年6月(21歳)
*ジョージア・エレン・アンダーソンと結婚する。

1914-1918年(21〜25歳) #第一次世界大戦

1914年夏
*シカゴのJ.C.ディーガンに立ち寄り、木琴の特注生産を依頼する。

1915年(22歳)
*オマハで第一子の息子、ジェラルドが誕生する。

1915年2月~5月
*シカゴの様々なホテルで演奏し、カイザーホテルのソリストとして
エージェントのエドガーA.ベンソンと契約した。

1915年夏
*ミシガン州グランドラピッズのオワシュタノング倶楽部に於いて、
シノア・カーマイン・バーリー指揮によるオーケストラで演奏する。

1915年12月~1916年6月
*バーリーとデトロイトアスレチッククラブで再び演奏する。

1916年夏(23歳)
*ミシガン州グランドラピッズのオワシュタノング倶楽部に於いて
 アンドリュー・レイモンド指揮のオーケストラで演奏する。

1916年秋(23歳)
*エジソン・フォノグラフ(エジソン社)と契約し、初のスタジオ録音として、6枚のレコードを作る。
*シカゴの『デキシーミュージックハウス』から木琴用に編曲された最初の楽譜を出版する。.
*ニューヨークで『アール・フラー・レクターハウスオーケストラ』で初めての演奏をする。

1916年12月
*エジソン社で『オールスタートリオ』が初めて録音する。

1917年冬まで(24歳)
*J.C.ディーガン社製の楽器広告に名前が載る。

1917年4月
*『ザ・ノッカー(The Knocker)』に『木琴』のタイトルで記事を書く。

1917年8月まで
*エジソン社、ビクター社、パス社、オーケイ社で、録音演奏する。

1917年9月
*ハリー・ヤークス率いる『ヤークス・ジャザリンバ・バンド』で初のレコーディングをする。

1918年(25歳)
*ニューヨーク劇場で初めて、兄ジョーと共にグリーンブラザーズが演奏する。

1918年10月まで
*『グリーンブラザーズ・ノベルティオーケストラ』がエジソン社で録音する。

1918年 
*『ザ・ノッカー』に『ジョージ・ハミルトン・グリーンによる木琴の独奏』のタイトルで記事を書く。

1919年まで(26歳) 
*テッド・ブラウン、ダニエル&ウォーカーと共に、オリジナル作品を出版していた。
*サム・フォックス社から出版された『フラッフィ・ラッフルズ』がヒットする。

1920年(27歳)
*『アラバマ・ムーン』が年間で最も売れた曲の一つになる。

1921年まで(28歳)
*ディーガン社からリーディ・ドラムカンパニー社の製品に楽器を変更する。

1922年3月(29歳)
*『The Green Brothers Advanced Instructor for Xylophone(グリーンブラザーズ木琴上級者用教則本)』を出版する。
image.jpg
(写真左の緑の表紙の本)
*第2子として、娘エレノアが、ニューヨークで誕生する。

1922年3月16日 
*WJZ 放送局で、Okehレコードアーティストらと初めてのラジオ出演をする。

1922年秋まで 
*ジョージと兄ジョーは2000曲以上のレコーディングを行う。

1923年5月(30歳)
*U.G.Leedy氏(米国の打楽器メーカー・リーディ社の創設者)と共に、
ニューヨークで行われた『セルマー・ドラムウィーク』のイベント出演をする。

1923年6月7日
*リーディ社が、『リーディ・ドラムトピックス』の第1号を出版し、その中で、グリーン兄弟と、『リーディ・ソロトーン・グリーンブラザーズ・スペシャルザイロフォン』について主に取り上げた。

1924年(31歳) 
*『GHG木琴のためのジャズクラッシック・ピアノ伴奏付モダンラグタイムソロ集』というオリジナル作品のフォリオ(二つ折り版の楽譜)を自費出版する。
*リーディが『グリーン兄弟木琴のための初心者用メソッド』を出版する。

1924-1925年(31〜32歳)
*『GHG・木琴のためのニューインストラクションコース』という50通にわたる通信学習教材を自費出版する。


Instruction Course for Xylophone

Instruction Course for Xylophone

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Hal Leonard Corp
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: ペーパーバック




1926年3月まで(33歳)
*シノラ・ビキシー・ポリッシュ社提供によるラジオショー番組にシノラ・メリーメーカーズと共に、出演する。

1927年(34歳)
カール・フィッシャー出版社が木琴とピアノのための作品のうち、人気のある6作品を出版する。
サム・フォックス出版社が木琴と、ピアノ、バンド、またはフルオーケストラ伴奏付のクラシック曲を木琴用に編曲した20作品を出版する。

1927年1月-1928年4月位まで
*リーディのプロモーションツアーとして、アメリカ全土を広く旅する。

1928年9月30日(35歳)
ウォルト・ディズニーの映画『蒸気船ウイリー』のサウンドトラックを兄ジョーとルイスと共に録音する。

1929年(36歳)
*フォックス社が『GHGのサムフォックス・ヒット曲の木琴独奏曲集』を出版する。

1929年10月24日   #株価大暴落の世界恐慌が始まる。

1931年10月まで(38歳)
*B.A.ルロフオーケストラと共に、NBCにレギュラー出演する。

1935年(42歳) 
*会社との仲間割れの後、リーディとの関係を取り戻す。

1935年12月  
*「リーディ・ドラムトピックス」に登場し、同社はGHGザイロフォンを製産する。
*カールフィッシャー出版社が、木琴のための、クラシック、オジリナル、ポピュラーの
 GHGによる編曲の内、8作品を出版する。

1936年(43歳) 
*カールフィッシャー出版社が、クライスラー作品の木琴用編曲、6作品を出版する。
*CBS放送局の番組『パームオリーブ「カモン!レツシング」ショー』で
 クロイスター・ベルオーケストラの中でビブラフォン、ベル、チャイムを演奏する。.
*WJZ放送局の番組『クロイスター・ベル』ショーで、兄ジョーと共に演奏する。

1936年1~4月
*音楽店のデモンストレーション演奏者として、リーディ社のために演奏する。 

1936-1937年(43〜44歳)
*『GHG 木琴とマリンバのためのニュー・シリーズ・オブ・インディビジュアル・インストラクションコース:モダン・インプロバイジング・アンド・アプリケイション・オブ・アイデアズ・トゥ・メロディ』(注:直訳すると「GHG木琴とマリンバの為の新しい個別指導教則本・メロディへの最新即興演奏方法と応用」)という題名の35通にわたる通信教材を自費出版する。 


George Hamilton Green's New Series of Individual Instruction Courses for Xylophone and Marimba

George Hamilton Green's New Series of Individual Instruction Courses for Xylophone and Marimba

  • 作者: George Green
  • 出版社/メーカー: Meredith Music Pubns
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: ペーパーバック



1937年7月(44歳)
*ニューヨークで雑誌『コリアーズ』に初めて風刺画が掲載される。

1939年10月16日(46歳)
*兄ジョー(ヨーゼフ・ペーター・グリーン)がニューヨークで逝去する。

1946年(53歳)
*音楽業界から引退し、引退後はニューヨーク州ウッドストックで過ごす。

1970年9月11日(77歳)
*ニューヨーク州ウッドストックの病院で逝去。



原文を訳しただけでは、詳細が伝わらないかもしれません。
もうちょっと、分かりやすく、GHグリーンのこと、
紹介出来れば良いな、と思います。
(がんばるぞ)
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。